イベント詳細

<第173回吹田市民劇場>
ゲヴァントハウス弦楽四重奏団
〜世界最古にして世界一流のクァルテット〜

 

■公演日時 2017年12月13日(水)
14:30開演  13:30開場
■公演場所 千里金蘭大学 佐藤記念講堂
※阪急北千里駅より徒歩約10分
■入場料 3,000円  当日3,500円
※メイト割引あります
全席指定席
■前売開始日 2017年9月8日(金)
★メイト会員先行発売  2017年9月7日(木)
チケットのご購入はこちら
ゲヴァントハウス弦楽四重奏団チラシ(表) ゲヴァントハウス弦楽四重奏団チラシ(裏) 佐藤記念講堂座席
(416KB) (509KB) 佐藤記念講堂客席図(453KB)
↑クリックするとPDFが開きます
【曲目】  
モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 K.575 「プロシャ王」
シューベルト 弦楽四重奏曲第12番 D.703 「四重奏断章」
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第7番 Op.59-1 「ラズモフスキー第1番」

*ゲヴァントハウス弦楽四重奏団
 1809年にヴァイオリニストのアウグト・マッティと他のゲヴァントハウス管弦楽団の3人の音楽家によって誕生した世界最古の弦楽四重奏団。以来、ゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者を中心に、今日に至るまで途切れることなく音楽活動を続けている。19世紀のメンバーにはメンデルスゾーンにヴァイオリン協奏曲を献呈されたF.ダヴィッド、ブラームスのヴァイオリン協奏曲の初演を行なったJ.ヨアヒム等がいる。世界各地での演奏に加え、今上天皇や英国のチャールズ皇太子の前でも非公開で演奏を披露しているほか、ドイツのローマン・ヘルツォーク大統領が1999年3月にアルゼンチンを公式訪問した折に同行。NHKによる収録も行なわれている。ゲヴァントハウス管弦四重奏団は、一貫して同時代の音楽を支持してきた。今までにメンデルスゾーン、シューマン、ブルッフ、ドヴォルジャーク、レーガーを含む100以上の作品の初演を行なっている。結成以来共演を行なった著名演奏家の中にはクララ・シューマン、ブラームス、ブゾーニ、グリーグ、ニキシュ、ケンプ、ルービンシュタインなどの名前もある。近年ではヨーヨー・マ、ザビーネ・マイヤーなどと共演を行なっている。

■チケット前売所
チケットぴあ http://pia.jp/ 0570-02-9999【Pコード:338-432】
ローソンチケット0570-084-005【Lコード:52701】
TNKツーリスト(JR吹田駅前)
メイシアタープレイガイド 06-6386-6333(9:00〜18:30)
メイシアターインターネット予約(24時間受付)

※メイシアターでのチケット電話予約はメイト会員様に限ります。
※車イス席の販売は、メイシアタープレイガイドのみとなっておりますので、お求めの方はお問合せください。
※未就学児童はご入場いただけません。
※前売券完売の際、当日券はございません。ご了承ください。
※お客様用の駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮下さい。

■主催
吹田市/(公財)吹田市文化振興事業団

■協力
千里金蘭大学

■本公演のお問い合わせ
メイシアター 06-6386-6333(9:00〜18:30)
メイシアターメイト入会案内