イベント詳細

名曲日和 〜昼下がりのクラシック音楽

 

■公演日 2017年 9月2日(土) 金関 環の夏の名残を愉しむコンサート [完売御礼]
■公演時間 各14:00開演  各13:30開場
■公演場所 彫刻の美術館 スキュルチュール江坂(アメニティ江坂内)
■入場料 前売 各2,000円  当日 各2,500円
パスポート(3公演鑑賞できます) 5,500円 [完売]
※メイト割引あります
全席自由席
■前売開始日 2017年7月20日(木)
チケットのご購入はこちら
名曲日和チラシ(表) 名曲日和チラシ(裏)
↑クリックするとPDFが開きます
(389KB) (389KB)
 
金関 環の夏の名残を愉しむコンサート 完売御礼
2017年9月2日(土)

金関環さんインタビュー

金関環

○「夏の名残を愉しむコンサート」という公演タイトルですが、どのようなイメージで選曲をされましたか?

 9/2は、秋というにはまだまだ暑いけど盛夏のような勢いもない…過ぎ行く夏に一抹の寂しさを感じつつ秋の気配を緩やかに迎える…皆さんとそんな気分を共有できたらと思い選曲いたしました。
 公演タイトルと重なりますが、オープニングに私たちには「庭の千草」で馴染みのあるアイリッシュ民謡「夏の名残のばら」で夏の疲れを癒すべく、皆さんを弦の音色の世界に誘います。そして、夏の風物詩「雷」を表したシュトラウスのポルカ、中秋の名月を思い浮かべながらのドビュッシー「月の光」など、どれもどこかで聴いたことのある美しく楽しい小曲を彩り豊かにお届けします。

○古川忠義さん(ギター)との共演はよくされているのでしょうか?

 20年程前に出逢ったのですが、数年前から年に2回は必ず、淀屋橋のレトロビルで企画コンサートをしています。この前初めて自分たちのステージの録画を観たのですが、往年の漫才のようで驚きました!私がボケたら、古川さんがすかさず突っ込む!このコンサートでもそんな掛け合いをご披露できたら、とネタも仕込んでおります(笑)

○美術館で演奏されることについてはいかがでしょうか?

 聴覚がメインの「音楽」と違い「美術」という視覚的な芸術空間での演奏は、それだけで多くの刺激を受けます。作品そのものに音楽的なアイデアをいただくこともあれば、その空間の持つ雰囲気に感化されることもあり、今からとても楽しみにしています。
 当日は、スキュルチュール江坂の彫刻作品からインスピレーションを得て、古川さんと即興演奏を試みたいと思っております。

○金関さんは吹田市在住とお聞きしていますが、吹田市の魅力はどんなところでしょうか?

 2016年の春に、奈良から本格的に引っ越してきたのですが、私のような演奏場所が毎度違う音楽家にとって、吹田は何と言っても便利で住みやすい!
 そして、行政や暮らしている人たちが私のような新参者に対しても、とても好意的に興味を示してくれ、機会がある時にこのように活用してくださいます。
 それに、住宅街もあればオフィス街もあり、北摂の山々も近く、万博記念公園にサッカースタジアム、夭逝の天才ヴァイオリニスト貴志康一の生家、大変立派なメイシアターがあります。皆さん、吹田の文化発信基地メイシアターへぜひ足を運びましょう!!!

○最後に公演当日を楽しみにされているお客様へメッセージをお願いします。

 クラシックコンサートでありながら、笑いあり涙ありのステージにできたら、と思っています。人はいつも元気だとは限りませんよね…ずっと忙しくて疲れている人、何か変わるきっかけを探している人、毎日懸命に生きている人、心が傷ついている人など、音楽が色んな人の心に寄り添い、それぞれの人にとってのサプリメントになれば、音楽家にとってこれほど幸いなことはないと思います。
 素敵な芸術空間で、変化に富んだ楽曲と愉快なトークをご用意してお待ちしております。暑い時期を無事に乗り越えて、たくさんの皆さんとお会いできるのを私も古川さんも楽しみにしております。

【曲目】  
アイリッシュ民謡より 夏の名残のばら(庭の千草)
ロッシーニ=カルリ 「どろぼうかささぎ」によるファンタジー
パガニーニ タランテラ
パガニーニ カンタービレ
サティ ジュ トゥ ヴ
ドビュッシー 月の光
J.シュトラウスⅡ ポルカ「雷鳴と電光」
メンデルスゾーン 歌の翼に
ピアソラ 「タンゴの歴史」より  ほか
【出演】  
*金関 環(ヴァイオリン)
 ジュリアード音楽院卒業及び修士課程修了。ヴァイオリンとヴィオラをJ.フックスに、室内楽をジュリアード弦楽四重奏団に師事。ニューヨークで様々な演奏活動を展開し、ジュリアード音楽院にてJ.フックスのアシスタントに就任。帰国後はソロや室内楽、弦楽アンサンブルで活動を展開。オーケストラにソリストや客演コンサートマスターとして出演するほか、音楽講座を開催しクラシックファンのすそ野を広げている。吹田市在住。
金関環
*古川忠義(ギター)
 京都市堀川高校音楽部コントラバス専攻を経て京都市立芸術大学音楽学部へ。日本演奏連盟新人選考演奏会優勝。15歳でリサイタルデビュー。海外でのゲスト出演も多く、クラシック、ジャズ、ラテンなど幅広いジャンルを融合させたスタイルは類をみない。各界のアーティストとの共演、マスコミ界での活躍も多く、テレビやラジオなどでのパーソナリティーの経験を生かしたステージは、軽妙なトークを交えながらのギターショーである。
古川忠義

▲ページのTOPへ戻る

木の温もり〜弾むマリンバコンサート
2017年10月7日(土)

大依紘子さんインタビュー

大依紘子 第29回関西打楽器新人演奏会第2位「YAMAHA賞」受賞、第20回KOBE国際音楽コンクール優秀賞受賞等、マリンバ奏者として活躍されている大依紘子さんに、10月の名曲日和公演の見所や、マリンバの魅力についてお聞きしましした。

○マリンバの魅力はどういったところでしょうか?

 マリンバの魅力は、打楽器だからこそ表現できるリズム感と鍵盤楽器のなめらかで美しいメロディーを奏でられる、両方の良さを兼ね備えているとことです!
 あとは、楽器が大きく派手なところでしょうか!笑

○矢野瞳さん(マリンバ)、南さゆりさん(ソプラノ)との共演による見所は?

 今回共演をお願いしたお二人は大学の1つ上の先輩で、学生時代一度三人共演させていただける機会があったのですが、なんと当日雨で中止・・今回はそのリベンジです!
 矢野瞳さんとは学生時代からよく一緒に演奏させていただいており、ストレスなくアンサンブルができる大切なパートナーです。上手な人同士でもアンサンブルが全然合わない、ということは珍しくありません。演奏しているとどちらかに合わす、ではなくお互いが自然と流れを作っていける、そんな二人のデュオは見所です!
 南さゆりさんとは雨で中止のコンサート以来で、これからの練習でどんな風になっていくかとても楽しみです。普段声楽の伴奏といえばピアノが主ですが、今回はピアノの伴奏譜をマリンバで演奏しますので、聴きなれた曲もいつもと違った響きで新鮮に楽しんでいただけると思います。
 そして私たちは女子大育ち!明るく楽しく元気いっぱいな三人組です。今回のコンサートも楽しくなること間違いなしです!

○今回の演奏会場である美術館に一緒に見学にいかせていただきました。音の響き等チェックされていましたが、本番のイメージはわきましたでしょうか?

 スキュルチュール江坂さんの彫刻の美術館、初めて伺わせてもらったのですがとっても落ち着いた雰囲気で、外の景色や壁の感じがなんだかとてもゆったりでき、心を落ち着かせてくれました。お客さまとの距離が近くこじんまりした会場ですが、響きはなんと大ホール並み!!ということで、マリンバの木の心地よい響きに包まれ、気持ちよく演奏している自分が想像出来ました。マリンバという楽器はまだまだ未発達な部分もあり、このように会場の響きに助けてもらわないと演奏できない曲も多いです。今回はこの響きに助けてもらい響きがないと演奏できない曲を選びました。

○今後どの様な活動をされる予定ですか?

 矢野瞳さんも含めたマリンバトリオでの活動や、癒しをテーマに活動始めたばかりのマリンバカルテット「リーズ」など、グループでの活動に力を入れております。リーズカルテットは9月の23日広島27日東京30日滋賀でツアーを予定しております。マリンバを4台使うコンサートは大変珍しいです!楽器が大きい為、会場の広さや練習が大変で簡単にできないマリンバカルテット。4台集まった時の大迫力の響きは一見の価値ありです!是非みなさまにも体験していただきたいです。

○最後に公演当日を楽しみにされているお客様へメッセージをお願いします。

 今回は昔と現代の音楽という2つのジャンルを同時に楽しんで頂けるプログラムを考えました。マリンバという出来て100年ほどしか経っていない新しい楽器で奏でる昔のバッハやモーツァルトの響きと、マリンバの為に書かれた現代のオリジナルの作品との響きの違い(楽器の鳴り方が変わります!この違いは本当に大きく是非聴き比べていただきたいです。)、マリンバと歌の響きなど、いつも聞いているクラシックをいつもとは違う響きでお届けし、また新たな良さを発見して頂けるコンサートにしたいと思っています。

【曲目】  
J.S.バッハ チェロ組曲第1番ト長調
W.A.モーツァルト きらきら星変奏曲
J.S.バッハ 主よ人の望みの喜びよ
安倍圭子 桜の幻影
R.ロジャース サウンドオブミュージックより  ほか
【出演】  
*大依紘子(マリンバ)
 同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。在学中、学長推薦により管弦打首席として2013年度「石村雅子賞」受賞。エリザベト音楽大学大学院修士課程器楽専攻修了。第29回関西打楽器新人演奏会第2位「YAMAHA賞」受賞。第20回KOBE国際音楽コンクール優秀賞受賞、ガラコンサート出演。2016年広島でリサイタル開催。これまでに、清水美紀、中路友恵、中谷満、宮本妥子、神谷百子の各氏に師事。リーズマリンバカルテットメンバー。
大依紘子
*矢野 瞳(マリンバ)
 東海大学付属仰星高等学校出身。同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。同大学音楽専攻科修了。在学中、同大学学長推薦により2012年度石村雅子賞、卒業時に《頌啓会》音楽賞を受賞。関西打楽器協会主催第28回打楽器新人演奏会にてパール賞受賞、日本打楽器協会主催第29回打楽器新人演奏会に出演。2015年小澤征爾音楽塾メンバーとして子どものための音楽会に参加。これまでに奥田有紀、中谷満、山口恭範、宮本妥子の各氏に師事。
矢野瞳
*南さゆり(ソプラノ)
 同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。同大学音楽専攻科修了。大阪音楽大学大学院オペラ研究室修了。第51回なにわ芸術祭にて新人奨励賞、第15回滋賀県新人演奏会にて最優秀賞等多数入賞。平成28年度平和堂財団芸術奨励賞受賞。オペラでは「フィガロの結婚」伯爵夫人、「皇帝ティートの慈悲」アンニオ、「ラ・ボエーム」ミミ役等で出演。これまでに田村由美子、高須礼子、大林敦子、荒田祐子の各氏に師事。関西歌劇団準団員。
南さゆり

▲ページのTOPへ戻る

ディヴェルティメント〜モーツァルトと過ごす午後
2017年10月28日(土)
【曲目】  
モーツァルト ディヴェルティメント第4番
モーツァルト/ショットシュテット編曲
  歌劇「ドン・ジョヴァンニ」「後宮からの逃走」より
プーランク 2本のクラリネットのためのソナタ
プーランク クラリネットとファゴットのためのソナタ  ほか
【出演】  
*西川智也(クラリネット)
 大阪教育大学卒業。東京藝術大学大学院修士課程修了。N響アカデミー修了。第24回日本木管コンクールクラリネット部門、第9回東京音楽コンクール木管部門で第1位、第36回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第2位など受賞。日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団と協奏曲を共演。小澤征爾音楽塾、木曽音楽祭、東京・春・音楽祭、ラヴェンナ音楽祭などに出演。現在、群馬交響楽団クラリネット第1奏者。吹田市出身。
西川智也
*松尾依子(クラリネット)
 大阪音楽大学卒業。在学中、奨学生としてニース国際音楽アカデミー修了。第18回日本木管コンクール第3位・聴衆賞受賞。第7回日本クラリネットコンクール、第17回・第20回宝塚ベガ音楽コンクール各入賞。これまでに、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団、日本センチュリー交響楽団と共演。現在、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団クラリネット奏者。奈良県立高円高校音楽科非常勤講師。ドルチェミュージックアカデミー講師。
松尾依子
*村中 宏(ファゴット)
 大分県別府市出身。東京藝術大学をアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞し卒業。ソリストとして藝大フィルハーモニアと共演。第23回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位、兵庫県知事賞受賞。第16回JILA音楽コンクール室内楽部門第1位。第18回松方ホール音楽賞(木管部門)受賞。(公財)青山財団より、2016年度青山音楽賞(バロックザール賞)受賞。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。京都市交響楽団ファゴット奏者。
村中宏

▲ページのTOPへ戻る

■チケット前売所
ローソンチケット 0570-084-005【Lコード:(9/2)53949・(10/7)53950・(10/28)53958・(パスポート)54006】
TNKツーリスト(JR吹田駅前)
メイシアタープレイガイド 06-6386-6333(9:00〜18:30)
メイシアターインターネット予約(24時間受付)

※TNKツーリストでのパスポートの取り扱いはございません。

※メイシアターでのチケット電話予約はメイト会員様に限ります。
※未就学児童はご入場いただけません。
※前売券完売の際、当日券はございません。ご了承ください。
※お車でお越しの方は、アメニティ江坂内の駐車場をご利用ください。

■主催
(公財)吹田市文化振興事業団

■協力
(株)サンリバー

■本公演のお問い合わせ
メイシアター 06-6386-6333(9:00〜18:30)
メイシアターメイト入会案内