イベント詳細

ワールドミュージックシリーズ2017

 

■公演時間 各14:00開演 各13:30開場
■公演場所 千里市民センター大ホール(千里ニュータウンプラザ2階)
※阪急南千里駅下車西側すぐ
■入場料 前売各1,800円  当日各2,300円
小学生〜高校生  各1,000円(前売・当日とも)
パスポート(3公演鑑賞できます) 4,000円
※メイト割引あります
全席自由席
■前売開始日 ・4月公演・パスポート  2017年2月5日(日)
・6月・8月公演  各公演日の2ヶ月前の5日より
チケットのご購入はこちら
ワールドミュージックシリーズ2016チラシ(表) ワールドミュージックシリーズ2016チラシ(裏)
↑クリックするとPDFが開きます
(538KB) (554KB)
 
Vol.124 Vamos Balançar!
2017年4月8日(土)

ボサノヴァやサンバ、ムジカ・ポプラール・ブラジレイラなど、様々なジャンルのブラジル音楽をお楽しみいただきます。

*高尾典江(歌)
 独学にてJazzを学び、ライブハウス等でセッションに参加。96年ブラジル音楽に魅かれ初めてギターを手にし、翌年ブラジルに遊学訪問。98年、ボサノバを中心に演奏するリーダーバンド『LUA』を結成しアルバム2枚を発売。04年、中島徹(p、tb)とのデュオユニット『Sonho』(ソニョ)としてブラジル音楽をベースに日本語・ポルトガル語のオリジナル曲での演奏活動をスタート。07年オリジナルアルバム「Sonho」、10年2nd「memoria」を発売。現在はオリジナル曲を作成しつつ、Bossa Nova、Samba、MPBなどブラジル音楽を演奏。ソロからバンドまで様々なスタイルでライブやイベントで活躍中。
高尾典江
*阿部浩二(7弦ギター)
 12才よりクラシックギターを始める。大学時代、ブラジル音楽に傾倒しブラジル音楽系ライブハウス等で演奏を始める。サンバ、ショーロ、ボサノヴァ以外にも様々なブラジルのリズムを吸収し、近年では、ソロ活動も行っている。ブラジルの伝統的な楽器、7弦ギターを使い、日々多数の人と共演している。ショーロバンド「トリンダージ」、サンババンド「バランサ」として数枚のCDを出している。他に録音やライブのサポートをしたアーティスト多数。クレモンティーヌ、南佳孝、比屋定篤子、遊佐未森、小松亮太、TOYONO、AKIKO、MASAYO、中川英二郎、大沢誉志幸、柏木広樹、グレース・マーヤ、YOSHIRO広石、中島ノブユキ、あがた森魚、沖樹莉亜など。
阿部浩二
*山田裕(7弦ギター)
 低音に1弦多いブラジリアン7弦ガットギターを駆使したブラジリアン・スタイルのギタリストとして、様々なジャンルにおけるアーティストとのコラボレーションを展開し、日本中を駆け巡っている。年間200本以上のライブからスタジオワークなどの活動を主軸に、03年、07年にブラジルへ渡り、現地ミュージシャンらとのライブやレコーディングを行う。2012年に1stCDをリリースした自身参加のラテン的ユニット「7sonora」では、スペインに渡り現地に住むキューバ人らとCD制作等をコラボレートするなど、活動は多岐に渡る。
山田裕
Vol.125 ハイランドの渓谷にて〜スコティッシュ・フィドルの世界
2017年6月10日(土)

ハイランド地方やシェトランド諸島の大地を想起させる力強い舞曲や、日本人の心にしみるメロディなど、弦楽器トリオのためのオリジナルアレンジをお届けします。

*大森ヒデノリ(フィドル)
 関西学院大学文学部美学科卒後、約10年間にわたって「ダンスリールネサンス合奏団」のフィーデル奏者としてヨーロッパ古楽を演奏。その後スコットランドやアイルランド、スウェーデンの伝統音楽での花形楽器、フィドルの演奏に傾倒する。これまでに、Muriel Johnstone、Marian Anderson、Keith Smith、Chris Duncan、Catherine Fraser、Fiddler’s Feastなどスコットランド伝統音楽の演奏家と共演。また、RSCDS東京ブランチをはじめ、全国のスコティッシュ・カントリー・ダンス・クラブのパーティや講習会での演奏を長年にわたり担当。グル―ヴ感溢れる演奏は聴衆やダンサーを魅了してやまない。
大森ヒデノリ
*岡崎泰正(ギター)
 歌舞伎役者、坂東竹三郎を父とし3才で初舞台を踏む。クラシックギターを小野剛蔵氏に師事。読売ギターコンクールにおいて、高校生の部『銀賞』、大学生の部『銅賞』受賞。2008年、アイルランド音楽を中心とした歌とギターのユニット「おとくゆる」を立ち上げ、アルバム『Blowing in A MELLOW BREEZE/やわらかな風に吹かれて』をリリース。2016年には坂東竹三郎朗読による「楢山節考」でのギター伴奏、また人形劇団クラルテの第114回公演「冥土の飛脚」でのギター、三味線、唄での共演など、活動は多岐に渡り、コンサート、レコーディングなどで活躍。
岡崎泰正
*氏橋啓司(チェロ)
 宝塚大劇場での年間200回を超える公演の傍ら、在阪オーケストラへの客演をはじめとして、ソロ、室内楽、スタジオなど活動は多岐に渡る。2012年には大阪市、サンクトペテルブルグ市の姉妹都市友好記念として、在大阪ロシア連邦総領事館で演奏。ポップス分野では、山崎幸次トリオのメンバーとして、シャンソン、ボサノヴァなどのサポートで、全国のライブスペースで演奏。同ユニットとは、studio atticより多数のCDをリリースする。
氏橋啓司
Vol.126 FOLK MUSIC of HAWAI‘I <ハワイの裏庭で>
2017年8月12日(土)

ハワイでは、ウクレレやスチールギターより歴史の古いスラック・キー・ギター。古くは魔力を持つとさえ信じられていた響きに、洗練されたハワイ語の美しい歌声をご堪能ください。

*KO‘OLUA<コオルア>
 ハワイのルーツ音楽『スラック・キー(スラッキー)・スタイル』をフィーチャーしたデュエット・グループ。日本各地で演奏活動中。スラック・キー・ギターとウクレレにツイン・ボーカルというシンプルなスタイルながら、洗練されたハワイ語のハーモニーとスラック・キー・ギター奏法の美しさには定評がある。ハワイで開催されている『スラック・キー・ギターフェスティバル』に出演しているほか、ハワイの音楽大賞『ナホクハノハノ賞』にノミネートされるなど、本場ハワイでも高い評価を得ている。

=メンバー=
 MARTY<マーティ>(スラック・キー・ギター、歌)
 NOLIKO<ノリコ>(ウクレレ、歌)
コオルア
■チケット前売所
ローソンチケット0570-084-005【Lコード:4月 L56302/6月 L56306/8月 L56308/パスポート L56316】
TNKツーリスト(JR吹田駅前)
メイシアタープレイガイド 06-6386-6333(9:00〜18:30)
メイシアターインターネット予約(24時間受付)

※TNKツーリスト・メイシアターインターネット予約では、パスポートの取扱いはございません。

※メイシアターでのチケット電話予約はメイト会員様に限ります。
※未就学児童はご入場いただけません。
※前売券完売の際、当日券はございません。ご了承ください。
※ご来場は、公共交通機関をご利用ください。

■主催
吹田市/(公財)吹田市文化振興事業団

■本公演のお問い合わせ
メイシアター 06-6386-6333(9:00〜18:30)
メイシアターメイト入会案内